iPhone7sと連携可能なアップル端末

スマートフォンの登場によっていつでもどこでも気軽にインターネット接続ができるようになったことやクラウドサービスが拡大したことによってビジネスのあり方さえも大きく進化することとなりました。



会社のパソコンで書きかけ・読みかけだったドキュメントファイルをクラウドに保存しておくことで移動中の電車の中などでスマートフォンを取り出してクラウドにアクセスすることで、ドキュメントファイルの編集や閲覧の続きを簡単に行うことができるのです。
従来の携帯電話はパソコンなどと接続することは殆どありませんでしたが、スマートフォンはパソコンやその他の機器と簡単に接続が可能ですし、接続することによってより高い利便性を発揮できるのです。


若い人を中心にあらゆる人から支持されているiPhone7sは特に他のデバイスとの連携がしやすいスマートフォンだといえます。

iPhone7sを開発・販売しているアップルはもともとはパソコンの会社であるためデバイス同士の連携は最大の強みの一つなのです。



例えばMacとiPhone7sを連携させた場合、MacでiPhone7sのバックアップを取るなどのデータ管理ができることはもちろん、メールや着信の表示、そして電話を受けることも可能となっているのです。

またiPod touchやiPadともプリインストールさせているメッセージアプリやフェイスタイムというビデオチャットができるアプリを使って顔を見ながらの通話が可能となっています。